ほっと湯WEB【神奈川】
 

 公衆浴場 利世館



〇利世館  横浜市中区伊勢佐木町5-127 2階 14:00-23:15

 親不孝通りを行くと「18禁」マークのほかに「ゆ」マーク!
 入口が道路に面していないので、わかりにくいです。

 伊勢佐木町にある、地下70mから湧出した温泉を使用した銭湯です。
 創業は1936(昭和11)年、1983(昭和58)年3月の新築時より温泉を使用しています。
 分析したら温泉だったのパターンのようです。

 階段上がって受付は2階。入浴料490円を払ってロッカー鍵を受け取ります。

     

     

     

    
 

<脱衣所>

 力士の手形が飾ってありますが、50年以上も前のもので、古すぎて知らない四股名ばかり。
 脱衣ロッカーは、松竹錠とさくら錠の混在です。

    
 

<分析書>(平成25年11月21日分析)

 源泉名「伊勢佐木町温泉」ナトリウム?炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉(弱アルカリ性・低張性・冷鉱泉)
 (昭和58年の分析書では源泉名「利世館温泉」)
 利用許可昭和59年7月13日
 泉温18.4℃ 成分総計1596mg 炭酸水素イオン738mg
 腐植質の項目はありません。昭和58年8月31日の分析書では有機物32.9mgとあります。

    
 

<影響を与える項目>

 「温度調整のため、加温水を加えている。入浴に適した温度に保つため加温。
  循環装置等なし。塩素系薬剤を浴槽に直接投入」

  
 

<黒湯の温泉>

 洋館をイメージ。床はタイル模様となっています。
 レンガ調タイルで山(だと思う)が描かれています。
 コンパクトな黒湯浴槽の横には、さらにコンパクトな水風呂があります。
 透明度は15cmほど。自在カランあり。湯温計は44℃を示していました(体感的には43℃)。

 浴槽壁側に熱交換器のパイプがありました。循環ろ過なしなのはグッドです。

    

    
 

 加湯あり掲示だったので、浴槽内の黒湯(左)と、源泉カランの黒湯(右)を汲んでみましたが、
 気持ち薄いかな程度で、さほどの差異はないようです。加湯はお湯張りの時だけかと思います。

    
 

<ロビー>

 ロビーのソファー席に座ると、親不孝通りがよく見えます。

  


戻る