ほっと湯WEB【神奈川】 川崎市 公衆浴場
 

 第一天神湯



○第一天神湯 川崎市中原区上平間354 044-522-0155 15:00-21:30 
 定休木曜 (定休3・13・23日(日祭は翌日)の記載も見ますが未確認)

 営業時間前に見に行った時は、トラックからクレーンで薪を2階に揚げていました。

 「天神湯」と書かれた煙突が見えます。
 1階は閉店したスーパーで、2階が銭湯、外の階段から入ります。

 下足箱は松竹錠です。

 植木鉢が置いてあります。浴室内には植木鉢はありませんでした。
 植木鉢のある銭湯は、なぜか愛着を感じます。
 
 左手が女湯、右手が男湯。
 ビル銭湯ですが、番台形式です。

 脱衣所から浴室へは、浴室に向かって左右両横にドアがあります。
 銭湯では初めて出くわした入り口です。

     

     

     

     

   
 

<源泉名>

 源泉名「  」川崎第38号
 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉(弱アルカリ性 低張性 冷鉱泉) 
 成分総計3,122g 炭酸水素イオン1560mg 有機物57.2mg
 平成29年5月10日(神奈川県温泉地学研究所)

 「加水(加湯)、加温、塩素」

    
 

<黒湯>

 サウナなし、水風呂なし。
 黒湯浴槽が一つあります。ジャグジー仕様です。
 湯温計が壊れていて63℃を示していましたが、さほど熱くもなく適温。
 黒いのですが、加水(加湯)ありで、想定より薄い印象です。
 自在カラン源泉蛇口からケロリン桶に源泉をためると、真っ黒でした。
 混んでいないので、中段に腰掛け体を伸ばして、のんびり入湯できました。
 源泉蛇口から桶に汲み、頭からかぶってクールダウン、気持ち良い。

    

    
 

<タイル画>

 立派な富士山がタイル画で描かれているのが女湯方面に見えます。

   
 

 ※2019年台風19号の被害で被害を受けた市民に無料入浴サービスを実施していました。
  11月8日(金)で終了との掲示がありました。


戻る