ほっと湯WEB【東京】
 

  東京都 檜原村/奥多摩町



檜原温泉センター 数馬の湯  檜原村2430 042-598-6789

 最初は露天に行くと、オーバーフローざくざくの天井のほうから源泉大量投入。
 しばらくすると天井の湯口はストップ。間欠投入ですね。

 内湯に行くと、今度はこちらで源泉投入が始まりました。
 20分間隔ぐらい?でそれぞれ源泉の投入があります。

 浴槽は内湯、露天とも小さいので、源泉間欠投入でも鮮度は保たれている印象を受けます。
 露天と内湯の一番手前の浴槽が鮮度良し。
 露天風呂が薬湯で、よもぎが浮いてるのが余計と感じます。

 内湯は奥に行くにしたがって塩素臭を感じます。
 水風呂が鮮度一番です。

 カランにかすかに白い析出物があり、こういう場合はカランも温泉使用の場合が多いので期待すると
 頭や体を洗うと、やはりヌルヌル。温泉使用していますね。
 タオルを洗うとタオルからかすかな硫黄臭がします。

 水風呂も怪しいと思いましたが案の定ヌルヌルです。
 水道水ほど冷たくはないので、源泉をそのまま投入しているのでしょう。
 冷水器の水は、ヌルヌルしてないので、水道は来ているようです。

 帰りに確認すると、
 「え!そうなんですよ。カランの水のほうは違いますけどお湯のほうは温泉ですよ。
  シャワーで温泉流さないほうが良いって言われてますが、
  ここではシャワーあびてもシャワーも温泉だから洗い流して大丈夫。
  水風呂は源泉をそのまま使用しているので、加温もしていないかけ流しですよ!」

 事前に抱いていたイメージと違って、予想していなかった源泉風呂や温泉のカランに出くわして、良かったです。

 サウナと水風呂も完備なんて説明ではなく、
 「完全かけ流しの源泉風呂を設置!」「シャワーも温泉使用!」
 なんて上手く宣伝すれば、周りと差別化できるし、もっと客来るのにと思います。

 「森の風(もりのぷう)」製造のパンを売店で買って帰りました。

     

     

     

     

    

   
 

 <温泉スタンド>

  駐車場に温泉スタンドがあります。

       
 

 <宝積寺の泉>

  駐車場に「宝積寺の泉」という湧水があります。
  湧水が小さな池をつくっており、天然記念物モリアオガエルの生息地と掲示があります。

      



松乃温泉 水香園  奥多摩町川井640 0428-85-2221

 日帰り入浴は、2013年11月末をもって終了しており、日帰り可だった時の記録です。

 青梅マラソンの30Kmの折り返し地点にある旅館です。

 源泉名「松乃温泉」 単純硫黄冷鉱泉
 「加温、循環ろ過、塩素」オーバーフローなし。

 源泉蛇口があります。
 源泉蛇口の源泉は硫黄臭の肌がぬるすべでヒットです。pH10。
 冷たいので、湯舟の湯を足して何度か頭からかぶりました。

 内湯のみですが、窓からの景色が見る位置によって変化し、
 なかなか良い光景です。

     

     

     

     

     

     

     



三河屋旅館  奥多摩町氷川1414 0428-83-2027

 内湯のみ。温泉は特徴ありませんが多摩川の景観は良いです。

 源泉名「氷川郷 麻葉の湯」
 フッ素イオン及びメタほう酸の項で温泉に適合。
 「加水、加温、循環ろ過、塩素」

     

     

     

     

     

     

     



釜めし なかい  奥多摩町大丹波175 0428-85-1345 釜めし

 寄ってみると10人待ち。あきらめて鳩美に向かうと本日は貸し切り。
 なかいに戻ると、待ち人0人で入りました。
 キノコ釜飯を注文。

     

     

     

     

    

    



○丹三郎  奥多摩町丹三郎260 0428-84-7777 蕎麦

   



手打ちそば 鳩美  奥多摩町棚沢408 0428-85-2626 蕎麦、カツ丼

 大衆食堂。

 メニューには
 「おつかれさまでした。
  もうお見えになるころではないかと、
  たった今お噂をしていたところでございます。
   鳩美一同。」

 ※メニューが減って、画像の山菜定食はなくなっています。
 

     

     


戻る