ほっと湯WEB【東京】
 

 新田浴場/新田神社



○新田浴場  大田区矢口2-5-12 03-3758-0540 14:00-23:30 8:00-11:00(日午前) 定休水曜

 商店街にあるアートなデザインの壁の銭湯です。
 横に回ってみると、高い煙突は見当たりません。

 下足箱は木札。入り口入って右手にフロント。左手に浴室。
 奥に進むとロビー。

 浴室は1週間ごとの男女入れ替え。
 サウナは追加料金なしで利用可能です。

 黒湯の浴槽が一つあります。
 温泉登録していないので、井戸水使用の銭湯の扱いですが、真っ黒の黒湯です。
 ブクブク泡風呂、溜め湯状態ですが、
 生源泉の蛇口があったので、桶にすくって頭からかぶりました。心地よい。

 近くには、新田義興公ゆかりの「新田神社」があります。
 
     

     

     

    



新田神社  大田区矢口1-21-23 03-3758-1397

 新田神社は、新田義興公(新田大明神)をお祀りしています。
 神社の外には長大な説明が続きます。
 社殿は明治神宮からの下付、神灯と手水舎は伊勢神宮からの下付です。
 御守、御神札、矢守と、種類豊富。

     

     

     

   

     



<一つ引両>

  新田氏の家紋は「一つ引両」、足利氏の家紋は「二つ引両」。一本線と二本線の違いです。
 「一つ引両」の家紋が随所に見られます。

     

      



<御神木 欅>

 樹齢700年に及ぶ欅です。

   



<手水舎>

 昭和50(1975)年に伊勢神宮より下付。
 手水石は昭和34(1959)年に造られたもので「一つ引両」が刻まれています。

 龍の口から水が出ていないのですが、近づくと水が出ます。上を見るとセンサーがあり、
 人を感知して水が出ます。
 人感知センサー制御の手水舎は初めて見ました。

    



<御塚>

 「 社殿後部の塚は、祭神新田義興公の御遺体を埋葬した所で、
  直径約15mの円墳である。
   この中に入ると必ず祟りがあるというところから「荒山」「迷い塚」などともいう。
   また、この御塚後部には昔から決して神域を越えることがない不思議な篠竹が生えており、
  江戸時代に平賀源内がこの篠竹で、厄除開運・邪気退散の破魔矢「矢守」を作り、
  広く御祭神の御神徳を仰がしめることを勧めた。
   爾来、毎年正月初詣の人々に社頭で授与している。」

    



<矢口新田神君之碑>

 「 延享三年(1746)に石城国(福島県)守山藩主松平頼寛が造立した碑で、
  新田神社の祭神新田義興公の事績と神社創建と由来を記している。
   篆額の字は、頼寛の自筆で、撰文は儒者服部南郭、書は松下烏石(葛辰)である。
   本区に数少ない江戸期の記念碑として注目される。
     昭和49年2月2日指定
                大田区教育委員会 」

   



<新田大明神道標>

 「これは現在の第二京浜国道沿いに建てられていたもので、
  文化十四年(1817年)四月に麻布日下窪講中によって再建された
  新田大明神への道しるべである。」

 起点から目的地に移された道標のパターンですね。

     



<力石>

   



<新田大明神大鳥居由来記>

 「 此処に保有する石材は、かつて武蔵新田駅前通りに新田神社一之鳥居として屹立せるものにして、
  昭和45年に下水工事の際、過りて笠木部を折損、倒壊の危険を生じたるにより、やむなく解体し、
  此処にほぞんするものなり。(以下略)」

    
 

 <石華表之記(天保三年)>

    



<うなる「狛犬」>

 「 謀略を企てた足利基氏家臣の畠山一族の者、またその血縁者末裔が新田神社付近に来ると、
  きまって雨が降り、この狛犬がうなったという。
   しかし残念ながら戦災で一体が壊れてしまった。」

   



<石の卓球台>

 「ストリートピンポンの舞台としてだけでなく、近所の人々が集まる場所として愛されることを願って作られた作品です。
  毎日(午後五時まで)無料でラケットをお貸ししますので、社務所に声をかけて下さい。
  希望者が多い場合には「三十分交替」でお願い致します。」

    



<歌碑>

  貞頼・義章歌碑

  



<靖国碑>

 矢口地区の英霊を顕彰。

  



<稲荷神社>

   


戻る