ほっと湯WEB【東京】
 

 東京23区 温泉銭湯 港区/杉並区/板橋区/練馬区



麻布黒美水温泉 竹の湯  港区南麻布1-15-12 03-3453-1446 15:30-23:30 定休月金

<分析書>(平成24年5月14日発行)

 源泉名「竹の湯」(麻布黒美水温泉竹の湯)
 ナトリウムー炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・アルカリ性・冷鉱泉)
 泉温:17.4℃ pH:8.5 成分総計:1.744g 炭酸水素イオン:1072mg 腐植質83.3mg
 湧出地は竹の湯所在地。
 

<影響を与える項目>

 「加温、加水、循環ろ過、塩素」

 源泉は常時供給。

 2011年8月20日に水風呂が新設されています。
 水風呂は加水なし。温度計は17℃で、源泉そのもの。
 水風呂が一番ぬるすべ感がありました。

 カランは蛇骨湯のように黒湯ではなく透明ですが、地下水で温泉かも。
 炭酸水素イオンが1072mgで多くて驚きました。
 腐植質83.3mgあり、黒湯です。
 

<姉妹店>

 「ゆ家 和ごころ 吉の湯」(杉並区成田東1-14-7)に、水曜土曜に黒湯が運搬され、つぼ風呂に使用されています。
 こちらは加水なし。

    

     



○ゆ家 和ごころ 吉の湯  杉並区成田東1-14-7 03-3315-1766

 毎週水曜土曜に「麻布黒美水温泉竹の湯」から黒湯を搬送、つぼ風呂に使用しています。
 スーパー銭湯でのローリー湯はよくありますが、銭湯で運び湯は珍しい。
 銭湯でのローリー湯は、他には京都市「天翔の湯」の源泉を、系列の銭湯金閣寺湯にローリー輸送しています。

    
 

<2tトラックで黒湯運搬>

 駐車場に2tトラックが駐まっていました。

    
 

<煙突>

 隣りの公園から見ると、銭湯の側面に3本煙突が見えます。
 周囲への景観に配慮した煙突かも。煙突が低いので目標の目印にはなりません。

     
 

<受付カウンター>

 入口で検温、券売機で購入した入浴券(回数券を使用)と、下足箱の鍵を受付カウンターに渡し、ロッカーの鍵を受け取ります。

 (東京ゆらんガイドブックより)
  
 

<吉の湯図解(えんや氏)>

   
 

<分析書>(平成24年5月14日発行)

 源泉名「竹の湯」ナトリウムー炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・アルカリ性・冷鉱泉)
 泉温:17.4℃ pH:8.5 成分総計:1.744g 炭酸水素イオン:1072mg 腐植質83.3mg

    
 

<影響を与える項目>

 「加温・塩素消毒・循環ろ過を行っております。」
 

<内湯>

 東京では珍しい浴室の中央に湯舟がある関西風スタイルです。

 (東京ゆらんガイドブック)
  
 

<つぼ風呂>

 銭湯にしては、広い露天スペースに、サウナ、高濃度炭酸泉、水風呂、つぼ風呂が2つあります。

 つぼ風呂は、水曜日と土曜日は、黒湯の温泉で満たされます。
 翌日の木曜日と日曜日は、黒湯の残りと、井水を混合します。
 混合する日はアワアワが浮くことの説明(洗剤や汚れではない旨)が掲示されています。

 つぼ風呂は、占有率高いのなと思いましたが、サウナが人気で、黒湯はほぼ空いています。

 湯温計は40℃を指していますが、実感は43℃でちょい熱めです。
 腐植質83.3mgで黒いです。竹の湯の源泉かけ流しの水風呂ほどのぬるすべ感はありません。
 水風呂や炭酸泉で感ずる塩素臭は、つぼ風呂では感じません。
 分析書の知覚的試験では殆ど無味無臭としていますが、かすかなモール臭がします。
 加水なしなのはグッドです。
 つぼ風呂に入ると、黒湯がさぶ〜と溢れますが、運搬された黒湯の量を考えると、回収して循環ろ過しているでしょう。

 運搬湯のわりには、開店直後だったこともあるでしょうが、鮮度良く、良かったです。
 つぼ風呂と水風呂を往復しました。

 (店内掲示つぼ風呂写真)      (東京ゆらんガイドブック)
    
 

<東京ゆらんガイドブック>

  



ときわ健康温泉  板橋区中台1-25-5 03-3933-1487 

 内湯は1つの浴槽に打たせ湯など区分けされて様々あります。
 内湯の外に岩風呂(露天風呂)と薬草風呂があります。

 源泉名「板橋温泉(源泉名 ときわ健康温泉)」
 (←源泉名のところに記載がなかったのですが、温泉みしゅらんのリストによると空白部分はときわ健康温泉。)
 「加温、循環ろ過、塩素」
 井水を分析したら、メタ珪酸で温泉だったパターンの温泉銭湯です。

     

     



久松湯 練馬区桜台4-31-15 03-3991-5092 11:00-23:00

 おしゃれな温泉銭湯です。

 源泉名「桜台温泉久松」

 成分総計31.7gの高張泉を露天風呂で使用。
 溜め池状況で、塩素臭もします。
 高張泉の実力は発揮しています、強烈な湯です。

 露天風呂は貸切状態でしたが、撮れないので、ガイドブックを撮影。

    

    

     


戻る